開館時間と休館日

中央図書館・加茂図書館
開館時間  火~金 午前10時~午後6時
土・日 午前10時~午後5時 
休館日 月曜日(祝日の場合は、翌日も休館)
祝日(日曜日を除く)
毎月最終金曜日
年始年末・特別資料整理期間
山城図書館
開館時間 火~金 午前10時~午後6時
土・日・祝日 午前10時~午後5時 
休館日 月曜日・祝日の翌日
毎月最終金曜日
年始年末・特別資料整理期間

はじめて資料を借りるには(利用登録)

木津川市にお住まいの方や、木津川市に通勤・通学されている方なら
どなたでも資料を借りることができます。
また、相楽郡および井手町にお住まいの方もご利用いただけます。
(貸出は無料です)
利用登録
はじめて資料を借りるときは「図書館利用申込書」に必要事項を記入し、
住所・氏名・生年月日が確認できるもの
(免許証・保険証・通勤や通学の証明書など)をお見せください。
中学生以下の方も住所確認が必要です。
「図書館利用カード」は資料を借りるときに必要です。
再発行は簡単にできませんので大切に扱ってください。

資料をさがすには

市内の全図書館にある資料は、利用者用のコンピューターで簡単に調べることができます。
また、このホームページからも検索できます。
資料検索はこちらから(別のウインドウが開きます)
資料は、どこの館でも受け取ることができます。
資料のことでわからないことがあれば、ご遠慮なく職員におたずねください。

貸出・返却・延長・予約について

貸出
各館10冊(うち視聴覚資料は2点)まで、2週間借りられます。
返却
どこの館でも返却できます。
閉館時は返却ポストへ資料を入れてください。
返却ポストは、各図書館入口横と、相楽台小学校校門前にあります。
視聴覚資料はポスト返却できませんので直接カウンターまでお持ちください。
延長
予約の入っていない資料に限り、期限内に1度のみ、2週間延長できます。
延長処理した日から2週間後が返却期限となります。
視聴覚資料、大型絵本は延長できません。
予約
貸出中の資料に予約ができます。
全館あわせて10冊(うちリクエストは3冊)まで、
視聴覚資料は2点までです。
予約の多い資料
  タイトル   著者
 蜜蜂と遠雷  恩田 陸
騎士団長殺し(第1部・第2部)  村上 春樹
コンビニ人間  村田 沙耶香
九十歳。何がめでたい  佐藤 愛子
NHK「あさイチ」スーパー主婦のスゴ家事術  伊豫部 紀子
素敵な日本人  東野 圭吾
やめるときも、すこやかなるときも  窪 美澄
家事の時間割 
段取り上手で、素敵に暮らす。あの人の24時間
 宝島社
恋のゴンドラ  東野 圭吾
仕事も家庭も楽しみたい!わたしがラクする
家事時間 OURHOME
 Emi
ずぼらヨガ  崎田 ミナ
マチネの終わりに  平野 啓一郎
 木津川市(木津町・加茂町・山城町)について書かれた郷土資料 
2017.05.13更新


リクエスト
木津川市の図書館が所蔵していない資料は、木津川市民のみ3冊までリクエストできます。

資料の複写について

図書館にある資料のみ、複写ができます。
カウンターにて「図書館資料複写申込書」にご記入の上、著作権に許された範囲内で複写してください。
料金は白黒1枚10円、カラー1枚50円です

資料の収集について

木津川市立図書館資料収集基本方針

(基本方針)  
第1条    
木津川市立図書館は、関西文化学術研究都市に位置する生涯学習の中核的施設として、すべての市民の知る権利、学ぶ権利を資料提供によって保障する機関である。
この基本理念に基づき、図書館資料を収集・保存し、市民に提供する。
2 資料の選定の際、次に掲げる「図書館の自由に関する宣言」(日本図書館協会決議1979年改訂)を基本精神とし、利用状況や社会的動向等をつねに考慮しながら、広く市民の理解と協力が得られる資料構成の構築をめざす。
(1)多様な対立する意見のある問題については、それぞれの観点に立つ資料を幅広く収集する。
(2)著者の思想的・宗教的・党派的立場にとらわれて、その著作を排除することはしない。
(3)図書館員の個人的な関心や好みによって選択をしない。
(4)個人・組織・団体からの圧力や干渉によって収集の自由を放棄したり、紛糾をおそれて自己規制したりはしない。
(5)寄贈資料の受け入れにあたっても同様である。図書館の収集した資料がどのような思想や主張をもっていようとも、それを図書館および図書館員が支持することを意味するものではない。
(資料収集の分野)
第2条
木津川市立図書館は、図書・雑誌・パンフレット・点字図書・視聴覚資料等、多様な情報資料を、各分野にわたり、基本的な資料の充実を優先させ、必要に応じて 専門的な資料まで幅広く収集する。
とくに木津川市およびその周辺地域の郷土資料・行政資料は網羅的に収集する。
(市民の読書要求の反映)
第3条    
市民のあらゆる読書要求に応えるべく、予約・リクエストを尊重する。
また、利用者との対話や利用者からの意見には謙虚に耳を傾け、目標とする資料構成比率とのバランスを考慮しながら資料収集に反映させ、知る権利の拡充につとめる。
 
(図書館資料の更新)
第4条    
蔵書をより新鮮で適切な資料構成にするため、資料の更新を行う。
そのために、図書館資料費の確保に最大限の努力を重ねる。
また、汚破損図書等不要な資料は適切に除籍、廃棄する。
(資料収集基本方針の公開と改定)  
第5条    
この資料収集基本方針は、図書館のあり方について市民の理解を深め、資料構成への市民の参加と協力を得るために市民に公開し、今後、図書館サービスの進展および社会の変化に合わせて適宜改定していくものである。
(木津川市立各図書館の位置づけ)  
第6条    
木津川市立各図書館の資料の収集と運営については、各館それぞれがこの基本方針に沿って、地域の特色を反映させながら、相互に補完し合って有効な活用を促し利用者の便宜を図るように努める。
その具体的な施策については、木津川市立図書館協議会の意見を求め、
図書館長が別に定めるものとする。
附 則  
この方針は、平成22年10月1日から施行する。


木津川市立図書館寄贈資料取扱い基準

平成23年8月1日施行
1 目的
この基準は、木津川市立図書館に寄贈申出があった資料の受領に際し、必要な事項を定めることを目的とする。
2 受領することができる資料
(1) 木津川市及びその周辺地域の郷土資料
(2) 過去3年以内に出版され、図書館での利用及び予約件数の多い資料。
具体的な資料については、適宜図書館長が決定し、図書館ホームページ及び館内掲示等で周知する。
(3) その他、図書館長が公共図書館として必要と認める資料
3 受領しない資料
(1) 「木津川市立図書館資料収集基本方針」に基づかない資料
(2) 既に蔵書として登録してあるものと同一資料で、複本として受領する価値を持たない資料
(3) 新聞・雑誌・パンフレット等で資料的価値を持たない資料
(4) 全巻そろっていない全集
(5) 汚損・破損・書込み・蔵書印等がある資料
(6) 視聴覚資料。ただし、地域資料として収集・保存する価値があるもの及び官公庁が刊行する公共的価値のあるものは除く。
(7) その他、図書館長が公共図書館として必要と認めない資料
4 受領の条件   
寄贈資料の取扱いについて、図書館長に一任することを条件に受領する。
ただし、図書館長に一任することができない場合には、寄贈受付をしないで資料を返却する。
5 受領の手続き   
「寄贈申込書」に現品を添え提出されたものを受領する。
ただし、資料が大量にある場合は、事前にリストの提出を求めることができる。
6 寄贈資料の取扱い
(1) 受領した資料のうち、蔵書としての登録は、「木津川市立図書館資料収集基本方針」に基づき、図書館長が決定する。
(2) 受領した資料のうち、汚損・破損・書込み・蔵書印等のある資料及び蔵書として登録しない資料は、廃棄処分できる。

おゆずりください

図書館では予約多数の資料や郷土資料の寄付を募集しております。

ただし、寄贈をお断りする場合もございますのでご了承ください。


広域個人貸出

広域個人貸出について
木津川市立図書館では、下記の図書館(室)との広域貸出協定を結んでいます。
木津川市にお住まいの方なら、いずれの図書館でも貸出券を作ることができ、直接本を借りることができます。
木津川市立図書館の利用カードと、住所、氏名、生年月日が確認できるもの(運転免許証・健康保険証・学生証など)をお持ちの上、各図書館で登録手続きを行なってください。
利用の範囲は、各図書館の規定によります。
詳しくは、各図書館にお問い合わせください。
 
【広域貸出協定加盟館】
精華町立図書館
 
井手町図書館
 
和束町体験交流センター図書室
 
笠置町中央公民館図書室
 
南山城村図書室
 
【広域貸出協定の地域にお住まいの方へ】
木津川市の図書館では、下記のとおり利用していただけます。
◇貸出
それぞれの館でお1人10冊まで、うち視聴覚資料は2点まで。
◇返却
中央・加茂・山城いずれの館でも返却できます。
移動図書館・ブックポストにも返却できます。
※CD・DVD・ビデオなど視聴覚資料は破損のおそれがあるため、各図書館カウンター、
 または移動図書館へご返却下さい(ブックポストには入れないようにお願いします)。
◇予約
木津川市立図書館全館でお1人10件まで、うち視聴覚資料は2件まで。
(市内の図書館に所蔵がないものは予約できません。)
インターネット予約もご利用いただけます。事前に、パスワードの登録をお願いします。

このページの先頭へ